パチスロ うみねこのなく頃に 曲名:オカルティクスの魔女 歌:Ayumu 

■歌詞
この世界に散らばる オーブ 視覚に届かぬ者
実体の無い 観測者 全知を満たす
繰り返すペンデュラム 僅か少しの不純動機
生命の樹の果実は 土に落ちた

魔法のように 不自然で 狂気じみたこの儀式が
陣を描く筆先で 叶えるのなら 世界ごと否定する

イルミナート“それ”はまるで全てを 見透かす様に
不埒な力で 嘲笑い 至福に満たされ行く
イルミナート 錯乱する描写で“誇示”するほど
全知の力は 覆り剥がれ堕ちゆく
「仕組まれた奇跡」へと────

閉ざされた神秘主義 そこに生まれた通過儀礼
憧れの魔女 合理的 幻術のタブー
蒼ざめた馬達が駆ける 偽典を許し給え
流麗な風 上位なる 蝶々の舞う

魔法のように 目も眩む 悪夢に似た非日常が
杖の先の一振りで 操るのなら 未来ごと否定する

イルミナート“それ”をかつて神秘と 崇めた頃
大いなる愛で包み込み 福音をもたらした
イルミナート 目に見えない“奇跡”が 不都合なら
いくつかの鍵が 僕達を導いてゆく
「万物の理論」へと────

イルミナート“それ”はまるで全てを 見透かす様に
不埒な力で 嘲笑い 至福に満たされ行く
イルミナート 錯乱する描写で“誇示”するほど
全知の力は 覆り剥がれ堕ちゆく
「仕組まれた奇跡」へと────

「ゼロになる奇跡」へと────
posted by まどか | Comment(0) | TrackBack(0) | OIZUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パチスロ うみねこのなく頃に 曲名:うみねこのなく頃に 歌:志方あきこ 

■歌詞
Ne regole Ne comandamenti Ne ragione
In altre parole:imprevedibile
掟も 戒律も 理由さえも不在の儘(まま)
無謀な議論のみが 聳(そび)え立つ

Ma succede
Cose spiacevoli succedono
E io ne sono la causa
不測の事態は 無粋に訪れ
醜悪な物語は生れ堕ち
我が内より 禍(わざわい)は流れ出す

Ancora non capisci?
何時に為れば 解決するのだろうか?

Niente di cui nutrirmi
Mi fanno morire di fame
Mi fanno morire credendo di poter prevedere
只の一つも糧に出来ず
さあ飢え 朽ちてゆけ
真理の在り処を妄信し 渇望の果てに 倒れ朽ちてゆけ

Pagliacci, impazzite in sogni dorati
Sulla scena bagnata di colpe
道化師の群れよ 黄金の夢に狂え
罪に濡れた舞台の上で

Caricato l'orologio rotto
anche stanotte si rialza il sipario della tragedia
壊れた時計の螺子(ねじ)を巻き
今宵も再び 悲劇の幕は上がる

Su, tenendoci per mano danziamo in infinita disperazione
Aperto il catenaccio, verso una nuova gabbia
Fino alla fine di una notta che non avra alba
さあ手を取り踊ろう 終わりなき絶望の世界を
さあ鍵を開き 新しき檻の中へ
二度と明けぬ夜の果てへ

Beatrice! Maga crudele!
Di bellezza senze pari
Beatrice! Oh! Di dolcezza capricciosa
Mai potro liberarmi dal tuo incantesimo
Se questa pena deve durare
almeno una volta abbi pieta
ベアトリーチェ 残酷な魔女
頼まれなる美貌
ベアトリーチェ 気紛れな優しさ
永遠に私を縛める存在
この苦しみから逃れる事が叶わないのなら
どうか今一度に慈悲を与えてくれ

Piena di pianto e l'isola cupe e deserta
Sul suolo si riversa inesauribile tristezza
昏迷の孤島は 嘆きに満たされ
尽きぬ悲しみは 大地へと注ぎ降る

Piu volte s'attraversa il dedalo della disperazione
Aperta la porta sbarrata, ride la verita
失意の迷宮を 幾度潜り抜けて
閉ざされた扉を開けば 真実が嘲笑(わら)う

Miscuglio d'amore odio
s'alza stanotte il sipario d'una nuova commedia
愛情と憎しみを織り成せば
今宵も新たな 喜劇の幕が上がる

Notta del giudizio
in cui ogni cosa e ridotta in cenere
L'afflizione delle offerte sacrificali sara avvolta
nelle fiamme del purgatorio
総(すべ)てを焼き尽くす 審判の夜
嘆きの供物達は 煉獄(れんごく)の炎に抱かれる

Numerose le trappole gia predisposte
Il segreto delle streghe rimarra tale
研ぎ澄まされた 数多の罠
魔女たちの秘密は 明かされる事はない

Su, affondate le unghie! Fino a farle cadere
Su, piangete e urlate! Fino a perdere la voce
Su, fuggite! Fino a perdere il respiro
さあ爪を立てて 剥(は)がれ落ちるまで
さあ泣き叫んで 声が嗄(か)れるまで
さあ逃げ出して 息絶えるまで

Sull' isola arsa dalla malvagita
悪意に焦げた島の上で

うみねこのなく頃に



posted by まどか | Comment(0) | TrackBack(0) | OIZUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひぐらしのなく頃に escape 歌:いとうかなこ

暗闇に閉ざされた 虚ろな夢に
気持ちごと溶けてゆく 麻酔みたいに
 
「サヨナラ」も言えなくて
走る、走る、逃亡者 悪夢に身を委ねて

だけど今 あの声が
急に恋しくなるから
Let's play a game without the end.
 
降りしきる雨に打たれながら 僕は振り返った
そこには仲間が居て 温もりをくれた
言葉より未来を信じて 僅かな光の線 鮮やかな…
 
続きを読む
posted by まどか | Comment(0) | TrackBack(0) | OIZUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひぐらしのなく頃に you 歌:癒月

あなたは今どこで何をしていますか?
この空の続く場所にいますか?
今まで私の心を埋めていたモノ
失って初めて気付いた

こんなにも
私を支えてくれていたこと
こんなにも笑顔をくれていたこと
失ってしまった代償は
とてつもなく大きすぎて
取り戻そうと必死に
手を伸ばしてもがくけれど
まるで風のようにすり抜けて
届きそうで届かない

孤独と絶望に胸を締め付けられ
心が壊れそうになるけれど
思い出に残るあなたの笑顔が
私をいつも励ましてくれる

続きを読む
posted by まどか | Comment(0) | TrackBack(0) | OIZUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひぐらしのなく頃に コンプレックス・イマージュ 歌:彩音

信じてた 信じられた その全てを 今始めよう
不器用なこの勇気は コンプレックス・イマージュ

乾いた風が 追いかける波のように
そっと背中を押す気がした
耳をすませば ざわめくローフリケンシー
新しい その場所への 扉を開け放て

切なくて愛しいほど 想いは時空を超えて
Togetherずっと 心はそばにある
大切なあの日溜まりが 刹那に散りゆく景色
今すべての力を与え賜え
僕は瞳をそらさずに 傷も涙も真実も…

続きを読む
posted by まどか | Comment(0) | TrackBack(0) | OIZUMI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする