パチンコ 戦国乙女6 暁の関ヶ原 曲名:恋のいろは 歌:織田ノブナガ(CV:小松未可子)、豊臣ヒデヨシ(CV:新名彩乃)、大友ソウリン(CV:加藤英美里)、立花ドウセツ(CV:生天目仁美)

■歌詞
舞い上がれ 咲き誇れ

高らかに歌えや笑え 胸の騒めき 歯止め利かないね
掲げた拳を忘れるな 狼煙(のろし)を上げよ 玉砕(ぎょくさい)覚悟さ

直球勝負 ほら 直感信じ身構えて(かまえて)
まだちょっぴり不安 百戦錬磨(ひゃくせんれんま)が聞いて呆れるね
おそれるな

玉の緒(お)よ 絶(た)えなば絶(た)えれ長(なが)らえば 忍(しのば)れぬ
もう後戻りはできない お覚悟決めろ

恋のいろはにほへと ちりぬるをしへてよ
一から始める下剋上(げこくじょう)
我ら理想は違えど 散りゆく運命(さだめ)でも
気高く強き乙女であれ
いろはにほへと ちりぬるをもい 咲き誇れ

たまゆら涙も見せるな 道のり熾烈(しれつ) 極(きわ)めたり
掲(かか)げた拳(こぶし)で語り合え 誇りを胸に 刻みつけるのさ

撤退知らず ほら 絶対勝利誓いましょう(ちかうよ)
まだのっぴきさせぬ 真っ向勝負も悪くはないね
駆け抜けろ

さえのぼる 月にかかれる 憂(う)き雲(ぐも)をはらへ
研ぎ澄ました刃(やいば)で 切り開いてみせろ

恋のいろはにほへと 理(ことわり)だとしても
諦められない下剋上(げこくじょう)
我ら無謀と知りても 底なしの心で
美しく舞う乙女となれ
彩(いろ)鮮やかに 咲く 花の様に

戦い続けることでしか
辿り着けない 明日(あす)があるならば
いざ…

天下のわかれ道 如何(いか)なる結末も
受け入れ進むよ 何処までも
我ら未曾有(みぞう)の時代を 生き抜く運命(さだめ)でも
君が為 背中を預けよう

恋のいろはにほへと ちりぬるをしへてよ
一から始める下剋上(げこくじょう)
我ら理想は違えど 散りゆく運命(さだめ)でも
気高く強き乙女であれ
いろはに綴(つづ)る 己れの信念 燃え尽きる迄
咲き誇れ
舞い上がれ
咲き誇れ






posted by まどか | Comment(0) | 平和・オリンピア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。