CR織田信奈の野望U 曲名:命、揺さぶられたい。 歌:竹中半兵衛(CV:小倉唯)

■歌詞
瞬く季節の風に
遊ばれ燃え尽きてもいい
人知れず散る花は
ヒラ・・ヒラ・・ヒラ・・、
どんな色より萌えるのよ

あなたが見詰めてくれる夢を見ました
ささやいた言葉はもう
思い出せないけど
私の願いが一つ許されるなら
戦いの時代さえ鮮やかな空

唱えよう 水のように
歌おう 火のように
闇を払い 舞い続けるの
隣で果てるまでは

あなたの瞳の中で
私は命を揺らす
たよりない 愛の糸
強く強く握りしめて

瞬く季節の風に
遊ばれ燃え尽きてもいい
人知れず散る花は
ヒラ・・ヒラ・・ヒラ・・、
どんな色より萌えるのよ

あなたが誉めてくれたら 素直になって
不器用な心さえ
やさシク、溶けてゆく
縮まる距離に戸惑い 背を向けるけど
守りたい 誰よりも思っているから

数えよう 星達を
感じよう 運命を
光放ち 刻み続けて
生まれてきた証を

私の胸の中では
あなたは子供のように
真っ直ぐに生きて欲しい
熱くアツく心燃やし

傷付き倒れた夜は
涙を拭いてあげるわ
虫の音を聴きながら
ドキ・・ドキ・・ドキ・・、
隠しきれるのこの気持ち

唱えよう 水のように
歌おう 火のように
闇を払い 舞い続けるの
隣で果てるまでは

あなたの瞳の中で
私は命を揺らす
たよりない 愛の糸
強く強く握りしめて

瞬く季節の風に
遊ばれ燃え尽きてもいい
人知れず散る花は
ヒラ・・ヒラ・・ヒラ・・、
どんな色より萌えるのよ




posted by まどか | Comment(0) | 西陣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。