パチンコ CR地獄少女 弐 曲名:君と夜を見よう 歌:一目連(CV:松風雅也)



■歌詞
深い闇に一人きり 行く宛てのない夢を見た
すれ違いを繰り返して やがては消え去る
また傷つけ うち捨てられて
また何かに 巡り会うまで

もっと見つめさせて 時を止めるほど
もう君は隠し事を 諦めたほうがいい
もっと近くに来て 嘘がつけないくらい
のがさない この瞳から
君と二人の夜を見よう

孤独はいつかの罰だと 回り始めたら眠れ
苦しみからひとときでも 遠ざかるように
また振り向き 打ちのめされて
また心が 立ち止まるなら

もっと見つめるだけで 髪に触れもせず
ただ君の隅々まで 吐息に震えるまで
だってこれ以上は けして許されないと
何もかも知ってるはずの
君と秘密の夜を待とう

ずっと見つめている 時を止めるほど
もう君は隠し事を 諦めたほうがいい
もっと近くに来て 嘘がつけないくらい
のがさない この瞳から
君と二人の夜を見よう 





posted by まどか | Comment(0) | TrackBack(0) | 藤商事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック