パチンコ CR地獄少女 弐 曲名:舞い散る花 歌:御景ゆずき(CV:佐藤聡美)





■歌詞
ゆらりゆらり 舞い散る花 頬をつたう涙
長く 冷たい闇夜に落ち
強く強くこの手握り 運命受け入れたら
空へ 舞い上がる 魂

朝露の如しこの世 疑心暗鬼の群れが
喪家の狗のような 少女をいたぶる
廃墟の部屋の中で 朽果てた夢の址
行き場の無い痛みは 心を蝕む

悪い夢の中 この毒を飲んで
暗い 闇へといざなう

つもりつもる冷たい花 その身包み込んで
扉 開いたら別れの夜
流れ流す この灯篭 涙 枯れ果てたら
残る この刹那の仇

人の道は消え去り 因果応報ばかり
絶望に囚われた 世界の間で
現実は幻で 邯?の夢のように
菩薩の顔の夜叉が あなたに取り憑く

この糸を解いて 無限の闇へと
早く この身を砕いて

ゆらりゆらり舞い散る花 頬をつたう涙
長く冷たい闇夜に落ち
強く強くこの手握り 運命受け入れたら
空へ 舞い上がる 魂

つもりつもる冷たい花 その身包み込んで
扉 開いたら別れの夜
流れ流す この灯篭 涙 枯れ果てたら
残る この刹那の仇





posted by まどか | Comment(0) | TrackBack(0) | 藤商事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック