交響詩篇エウレカセブン 太陽の真ん中へ 歌:Bivattchee

誰かが今
ほら呼ぶ声がする
風見鶏が居場所を
告げている
座り込んだ
この坂の途中で
空を飛べたらいいなと
つぶやいた
果てない夢と
果てある今と
忘れない日々
忘れたい日々
失くした物が増えた
さみしさを
身軽になれたんだと
笑えるかい?
I wanna fly away
答えを求めて
気づいたよ あやまちも
悔しさも羽になって
体中風感じ
そして今手を広げて
太陽の真ん中へ
今おれは飛べるだろう
悲しみの夜を抜け
今よりも飛べるだろう
I can fly away

プライドとか見栄でできた
鳥カゴを今
蹴飛ばしてやる
一瞬の衝動は
永遠の激動
その場所から飛ぶなら
今ほら
舞い上がれ 悲しみも
喜びも力になる
くり返す間違いも
進む為の光りになる
オンボロの翼でも
自分らしく飛べばイイ
太陽の真ん中へ
I can fly away

posted by まどか | Comment(0) | TrackBack(0) | Sammy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック